トラックの処分費用はいくら?

トラックの処分費用はいくら?

2016年3月8日追加

2016年3月8日更新

トラックの処分費用はいくら?

 10年以上使っているトラック、バッテリーがダメにだめになったトラックなど、動かないものを処分したいけど、実際に掛かる費用はいくらなのか知りたいという方もいるのではないでしょうか?

 そこで今回は、トラックの処分費用や手続きについてまとめてみました。

トラックの処分費用はいくら…

 大型トラックを処分するときはどのようにするんですか?

 質問サイトでもこのような質問をよく見かけます。

 基本的には、解体業者に依頼し、トラックを解体してもらいます。

 その後、解体証明書を持ち、陸運局へ赴き、永久抹消登録を行います。

永久抹消登録の流れ

  • ナンバープレート(前後)を取り外す
  • 車両を解体する
  • 必要書類を持ち、陸運局へ
  • 廃車証明書を受け取る
  • 自動車税の停止手続きを行う

永久抹消登録に必要な書類

  • 車検証
  • 所有者の印鑑証明書
  • 所有者の委任状
  • ナンバープレート(前後2枚)
  • 移動報告番号
  • 解体報告記録日
  • 永久抹消登録申請書(OCR3-3)
  • 自動車税申告書
  • 手数料納付書

 この際に、掛かる費用としては、「永久抹消登録申請書」の30円ほど。

 業者に頼むと、5,000円から10,000円ほど必要となる。

 また、トラックを業者へ解体を依頼した場合に掛かる処分費用としては、大体2万円ほどな必要となります。

処分・解体する前に

 トラックを処分する際には、いくらかお金が掛かってくる。

 しかし、動かないトラックでも、金属としての価値があれば、1kg/7円などで買い取ってもらえる金属業者もあります。

 また、不動車や事故車などでも買い取ってくれるトラックの買取業者も存在しています。

 もちろん、無料で行ってくれる解体屋などもありますが、一分でも早く処分したいという場合ではない限り、最初に、買取業者に連絡したほうがよいでしょう。

 自分では買い取ってもらえないと思うトラックでも、ひょっとしたら買い取ってもらえるということもありえます。

 買取業者の中でも、無料で査定をしてくれる業者もあるので、一度電話をしてみて、ダメだったら解体屋か輸出業者に連絡をしたほうが現金化でき良いのではないでしょうか。

 中古トラック売却の流れトラックの買取時に必要な書類などのページを見て検討してみてください。

前の記事 次の記事

おすすめ記事

関連記事-この記事を読んだ方はこちらも読んでいます-

Go Top

最後まで読んでいただきありがとうございます。よかったらこの記事を皆様に拡散して下さい。