卸売市場に水素ステーション、燃料電池フォークリフトにも供給

卸売市場に水素ステーション、燃料電池フォークリフトにも供給

2015年8月11日追加

2015年8月18日更新

 岩谷産業が「周南市地方卸売市場」の敷地の中に、「イワタニ水素ステーション山口周南」を8月4日に開設した。中国地方で初めての水素ステーションで、しかも国内初の燃料電池自動車と燃料電池フォークリフトの両方に水素を充填できる設備である。

 周南市には液化水素製造プラントの「山口リキッドハイドロジェン」が2013年から稼働している。新設の水素ステーションまでは5キロメートルほどの至近距離にある。

 こうした地域の水素供給能力を生かして、市内の3カ所に水素エネルギーを導入する構想を推進中だ。その1つが卸売市場で、市場と周辺の倉庫のあいだの運搬に燃料電池を搭載したフォークリフトを利用する計画である。

 水素ステーションには通常の燃料電池自動車に水素を充填するためのディスペンサーに加えて、燃料電池フォークリフト専用のディスペンサーを設置した。燃料電池自動車には70MPa(メガパスカル)の圧力で水素ガスを充填するのに対して、小型の燃料電池フォークリフトには半分の35MPaで充填する必要があるためだ。

 さらに市場内に電力を供給する燃料電池にも水素ステーションから水素を供給する。燃料電池まで配管を敷設して、水素ガスを直接供給できるようにする予定だ。一般の燃料電池は都市ガスから水素を生成して発電する方式だが、周南市の卸売市場では水素ガスの供給を受けて発電する純水素型のシステムを採用する。フォークリフトと合わせて2017年度までの3カ年計画で実証実験に取り組んでいく。

 すでに周南市では「徳山動物園」に純水素型の燃料電池システムを導入して3月から実証実験を開始している。卸売市場と同様に市内に展開する「水素サプライチェーン」の対象の1つで、水素製造プラントから「カードル」と呼ぶ装置に水素ガスを入れて供給する。

 燃料電池で発電した電力を園内の施設の空調などに利用するほか、同時に作る温水を動物のシャワーに利用することができる。

 周南市は市街地にある市庁舎などにも燃料電池を設置して、沿岸部の卸売市場と観光地の動物園を加えた3つの地域で水素エネルギーを展開していく。目標では市内の燃料電池の導入台数を2017年度までに600台、2020年度には1400台に拡大する。並行して燃料電池を搭載した自動車・バス・フォークリフトを2017年度までに70台、2020年度には670台に増やす方針だ。

[ 引用元:http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1508/11/news020.html ]

新着ニュース

 岩谷産業が「周南市地方卸売市場」の敷地の中に、「イワタニ水素ステーション山口周南」を8月4日に開設した。中国地方で初めての水素ステーションで、しかも国内初の燃料電池自動車と燃料電池フォークリフトの両方に水素を充填できる設備である。  周南市には液化水素製造プラントの「山口リキッドハイドロジェン」が2013年から稼働している。新設の水素ステーションまでは5キロメートルほどの至近距離にある。  こうした地域の水素供給能力を生かして、市内の3カ所に水素エネルギーを導入する構想を推進中だ。その1つが卸売市場で、市場と周辺の倉庫のあいだの運搬に燃料電池を搭載したフォークリ…

 三菱重工業とニチユ三菱フォークリフトは、ユニキャリアホールディングスの全株式と新株予約権を産業革新機構と日立建機、日産自動車から約1100億円で買収することで合意したと発表した。  株式取得後のユニキャリアの出資比率は、三菱重工が65%、ニチユ三菱が35%となる。  三菱重工は、2015年度を初年度とする中期経営計画「2015事業計画」で、事業拡大の加速によりグローバル競争力を強化することを基本方針の一つに掲げており、フォークリフト事業を今後、グローバル伸長事業として位置付けることからユニキャリアの買収を決定した。  ニチユ三菱は、事業規模の更なる拡大とグ…

 フォークリフトの運転技術を競う県大会が18日、佐賀市で開かれた。運送会社などで働く17人が学科や実技で競い、鳥栖市などに事業所を置く九州日立物流サービス(福岡県久山町)の東卓也さんが優勝した。  関係法令や装置、運転に関する学科、不具合のある部位を見つける点検、実際にフォークリフトを操る運転の3競技で競った。  このうち運転競技は、制限時間内に決められたコースを走行して架台から荷物を降ろし、再び積み上げる一連の運搬作業を審査。発進前の安全確認などを審査員が減点方式で採点した。  大会は、陸上貨物運送事業労働災害防止協会県支部が主催。優勝者は9月に埼玉県であ…

 三菱重工業系のフォークリフト大手、ニチユ三菱フォークリフト(京都府)が29日、同業のユニキャリアホールディングス(東京都)の買収について「諸条件を協議している」と発表した。すでに大株主の産業革新機構と交渉中で、成立すれば売上高で世界3位に浮上する。  世界6位のニチユ三菱は2013年、電動フォークリフト大手だったニチユと三菱重工のフォークリフト部門が統合して誕生した。三菱重工が発行済み株式の約65%を握る。  一方、ユニキャリアは世界8位で、12年に日立建機と日産自動車のフォークリフト部門が統合してできた。革新機構が株式の約53%、残りを日立建機と日産自動車が持つ。…

 コマツは4月1日、油圧・制御技術を随所に織り込み、オフロード法2014年基準に適合した油圧駆動式の新型フォークリフト「FH35-2」、「FH40-2」、「FH45-2」、「FH50-2」を発売した。  4機種は、NOx(窒素酸化物)とPM(粒子状物質)の排出量を大幅に低減し、特定特殊自動車排出ガス2014年基準の排出ガス規制をクリアした新世代エンジンを新たに搭載。  FHシリーズの特徴である油圧駆動式トランスミッション「電子制御HST(Hydro-StaticTransmission)」、エンジン出力を無駄なく活用する油圧システム「可変ポンプCLSS(Closed-…

Go Top

最後まで読んでいただきありがとうございます。よかったらこの記事を皆様に拡散して下さい。